読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささくれになりたい

塚田くんのささくれになりたい塚田担、最近トラジャが気になる。懐古したり、妄想したりします。

そうだトラジャ兄組で「she loves me」をやろう


皆さん、「she loves me」という舞台をご存知でしょうか。

かつてシアタークリエで上演された主演は薮宏太、そしてA.B.C-Z河合郁人と五関晃一のペア、戸塚祥太塚田僚一のペアという組み合わせで週ごと交代で同じ役を演じた最高にシンメ厨の心躍らせる舞台を…(主観)

あらすじはグーグル先生に聞くと英語版を教えてくれます。
日本語ないんか…とページを開いてみるとそこにはこう記してあります。おやおや見覚えある単語が並んでいるのはわかるぞ…?

「The musical is the third adaptation of the play Parfumerie by Hungarian playwright Miklos Laszlo, following the 1940 James Stewart-Margaret Sullavan film The Shop around the Corner and the 1949 Judy Garland-Van Johnson musical version In the Good Old Summertime. It would surface yet again in 1998 as the Tom Hanks-Meg Ryan feature You've Got Mail. The plot revolves around Budapest shop employees Georg Nowack and Amalia Balash who, despite being consistently at odds with each other at work, are unaware that each is the other's secret pen pal met through lonely-hearts ads」





わかるか!!!!(英語苦手)




まぁ、そうですね。ざっくりしたあらすじですがハンガリーブダペストにある香水屋さんで働くジョージとそこで働きたいと申し出るアマリア。勝気なアマリアとジョージはいつもぶつかっています。
そんなジョージには実は想い人がいるのです。文通をしている顔も知らない女の子。その女の子が実はアマリアだったのです!

そして当時河合郁人戸塚祥太が務めたラディスラフ・シーポスはジョージの同僚、五関晃一と塚田僚一の務めたアルパ・ラズローは配達屋さんです。

シーポスは香水店の上司に虐げられながらも心の持ちようで過酷な労働状況を乗り越えていくまさに社畜のお手本(?)
スーツにオールバックというスマートな出で立ちです。

アルパは茶色いハンチングに赤っぽい衣装、半ズボン、そしてキノコヘア!とにかく可愛いとにかく可愛い。
アルパはみんなの可愛がられ役。シーポスに「子供だなぁ」と言われても「ぼく、子供じゃないよ!」とぷんすこしているような…あぁ、可愛い。

そうです、私がアルパ大好きすぎてアルパの話になるとおかしなことになります。

で、このシーラブズミーはそれぞれ沢山の見せ場をもらっています。
初の外部舞台、はじめて沢山のセリフをもらい、ソロで歌う場面も貰い、アドリブを入れさせてもらったり。
また、本編が終わるとショータイムがあり、そこで河合五関、戸塚塚田でそれぞれ歌を歌う時間をもらうことができるのです。(河合五関がさよならBOX、戸塚田がクレアクだったような)

そしてまさかのMCタイムも!それぞれのペアが日ごとに違う話をするのですが(とつかだは数日に渡って塚ちゃんがとっつーをご飯に誘っており、数日断られ続けていました)

で、そんなシーラブズミーなのですが、
うまく説明できてなくて申し訳ないことこの上ないのですが、


これ、トラジャ兄組でやりませんか?



歌もダンスもアクロバットもできるTravisJapanの中でも特にスキルの高いおにいちゃん組でペアを組むことによってお互いの絆も高まるはず。



そしてなにより仲田拡輝のシーポスが観たい。
絶対似合う。絶対似合ってる。

そしてしめちゃんにぶかぶかなハンチングを被ってほしい。時折それを直してほしい。
絶対可愛い。絶対可愛い。


で、如恵留と美勇人についてなのですが二人は見た目的にはシーポスが美勇人なのにキャラ的には美勇人がアルパの方が絶対可愛い…!

ただキノコヘアは美勇人よりも如恵留が似合いそう。そしてやっぱり憧れの塚ちゃんの演じた役をあててあげたいのでアルパは如恵留でいきましょう。
あと美勇人のスーツ姿とか絶対かっこいいからやっぱり美勇人はシーポスです。スーツ姿を拝むために劇場通える。


アルパは「try me」という、「僕に仕事をまかせて!しゃちょう!」って内容の歌を歌うのですがその最後に五関、塚田それぞれのアルパで見せ場があるんですね。
確か五関アルパが美しいターンをみせ、塚ちゃんはロン宙(記憶頼りなので違ったらごめんなさい!)

しめちゃんと如恵留ならそんな風に魅せてくれると思うんです。

そしてシーポスは「心の持ちよう」という歌を歌います。
歌詞は「ドジと 呼ぶがいい モットーは さからうな プライドは 飲み込んだ 心奥深く」

…これを私は仲ちんに歌ってほしい!!!
仲ちん自身も気に入ってくれるはず!!!




主人公のジョージはデビュー組の若いメンバー…当時の薮くんと思うとなんとなく中島健人くんが浮かびました。こんなラブロマンス好きそうだしラブホリスキルを発揮してほしい。


もう!とにかくシーラブズミーをやろう!シーラブズミーって素晴らしい舞台を知っている人を増やそう!そしてひろしめ、のえみゅが好きな人をどんどんと幸せにしよう!!っていうか私が観たいだけなんだけど!

しかもクリエだよ!?クリエだよ!?やろうよ!!やろうよ!狭いよ!どこに座ってもみたい放題観れるよ!!



誰かーーー!偉い人ーーーーーー!!!!





ちなみに私がシーラブズミーを観てて一番好きなエピソードはとつかだの回でショータイムに塚ちゃんが「ありがとー!後ろまで見えてるよー!」と叫んだときにぼそっと薮くんが「んなわけねーだろw」と呟いたってやつです。