読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささくれになりたい

塚田くんのささくれになりたい塚田担、最近トラジャが気になる。懐古したり、妄想したりします。

キャプテンズの新しいアルバム「運命盤」買えたの嬉しすぎるから聴いてないのに歌詞カード見て曲を紹介する 前編



はい!!!ついに!ゲットしました!!!

キャプテンズの8年ぶりのアルバム、「運命盤」!!!

f:id:syokusama:20160528005723j:image


ドーン!!!!


(左上が失神する薔薇王子傷彦さん、右上が最近鍛えててプロテインばかり飲んでるギタージャッキー、左下が優しさの塊ベースのテッドさん、右下がごはん大好き言葉の選びが魅力的なヨースケさん)


いや!もう!嬉しくて!ゲットできたのが嬉しすぎて!!、
なので一曲ずつまだ聴いてないのに、歌詞カード見て紹介します。
興味のある人はぜひAmazonの欲しいものリストに入れてみてください。
もっと興味あったらぜひお手に取ってみてください。
もっともっと興味あったらぜひライブへ!!



スペシャル・ガールフレンド
作詞作曲傷彦さん

「なりたいな なりたいな 君の特別なボーイフレンド
可愛いな 可愛いな 君は特別なガールフレンド」

「ああ 指を絡めて約束しようずっと一緒さ
ああ 恋人じゃなく友達だから一緒にいられる」

スペシャルガールフレンド…本当に「特別な女友達」を歌っている。
相手が特別であることは本当なのに恋の儚さを知っていて恋人ではなく友達という選択肢を取ろうとしてる。特別可愛いと思っているのに!特別だって言ってるのに!

びびってんじゃないよ!と誰か背中を押してあげればいいのにな!切ない!儚い!女の子の結婚式に参加した時に後悔したって遅いんだぞ!




ふと、思ったんだけど。
傷彦さんの書く歌は女の子を盲目に愛したり深く思う男の子の歌詞が多いように思います。
まさに女の子をお姫様にしてくれる曲。女の子を大切にしてくれる曲。とことん女の子に寄り添った曲が多いので、少女マンガや宝塚が好きな人はぜひ、聴いてみてください。


って真面目か!!!ここから先は真面目なところ1個もないです!!!



②チック!チック!ロマンチック!
作詞作曲傷彦さん

「ロマンチックな恋のためなら 死んでもいい」

「ロマンチックな恋がしたいよ 噛み付くようにキスをしてよ」



ファーーーーーー!!!興奮がすぎて言葉になりませんね!!!
今の言葉好きだなと少しでも思ったら買おう!買おう!運命盤!!
それかAmazonの欲しいものリストに入れよう!私頑張って働いて買うから!!!!!


とかぼんやり思いながら歌詞を眺めてたら右上になにか…んん?

f:id:syokusama:20160528010207j:image

んん??

f:id:syokusama:20160528010216j:image

な!ん!か!ひ!わ!い!!!!



③恋のスナイパー
作詞傷彦さんジャッキー、作曲ジャッキー

「右手に持ったライフル ハートに向けて狙い撃つ 百発百中さ」

恋のスナイパーってタイトルの通り愛しのあの子を撃ち落とすんですね。
百発百中とは相当な自信じゃないですか。



「恋のスナイパー 外しゃしないさ 震える指先で」


震えてるんかーい!!!!!!



「恋のスナイパー お前狙うんだ 引けるのかトリガー」


ちょっと自信なくなっとるやーーん!!!!





めっちゃ可愛いですね。

バキュン バキュン


(実はこの曲、イントロがめっちゃめちゃかっこいいです。動画が上がってるので是非聴いてみてくださいね)


④恋の逆転満塁ホームラン

作詞作曲 傷彦さん


「ラン!ラン!ラン!ラン!ホームラン!一発逆転さ」

「打席に立てば男同士の一騎打ちさ 覚悟を決めろ」


おや?なにやら今回はライバルがいるみたいですね。
一発逆転ということはライバルの方が優勢なのでしょうか?


「三割五分の 打率のために 何千回も 素振りをしたぜ」


健気かっ!!!!!(笑)




ライブだとこの曲めちゃくちゃ面白い演出があるのでぜひみんなライブにいきましょう。
チケットだいたい三千円くらいなので!!!ぜひ!!!



⑤ドーナッツのうた

作詞作曲 傷彦さん


「ドーナッツの真ん中をあなたにあげる
これからも一緒にいようね 約束さ ゆびきりげんまん」


ドーナツではなく、ドーナッツ。ドーナッツの真ん中。なんとなく子供っぽい、ふんわりした印象があります。可愛い。



「ドーナッツの真ん中をあなたにあげる
友達だから 大切だから ンフフフだから」



多分傷彦さんって友達とかクラスメイトとか沢山いるなかで好きな女の子とこっそり手を繋いだりするのめっちゃ好きだよ(偏見)


ドーナッツの真ん中って、なんだろう。
でも私もドーナッツをのぞき込んで、真ん中に好きな人がいたら、すっごくいいだろうなって思う。




⑥風に呼ばれて
作詞作曲ジャッキー


「風に呼ばれて ここまで来たら 君が待ってたんだ あああ
二人手を取り 夜の汽車で 走った どこまでも どこまでも」


どこで待ってたらジャッキーと走っていけますかね。
逮捕される気しかしません。

そんなことは置いといて!風に呼ばれてここまてきたら…っていう言葉が好きです。運命…偶然、と言い換えられるような言葉ですがちょっと男の子っぽくていいですね。ナチュラル、というか。

「台風の中に放り込まれてもきっとすぐに すぐに すぐに迎えるから
笑っておくれよ ずっと僕の前で 約束だよ」

どんなことがあっても大丈夫という強さと、優しさと、そして風に呼ばれて出会ったその人への想いの強さが歌詞から伝わってきます。

ジャッキーがファン(グルーピーと呼ばれています)のことを思って書いた歌詞だそうです。

こんな歌が存在するこの世界に生まれてくることができて良かったです。
だって好きなんだもん!!!!!
ジャッキーのつくった歌をこうやって聴いて幸せな気持ちになることができる人間に生まれてよかったよ!!!
人類に産んでくれてありがとうお母さん!!!!


気持ち悪いですね。


うーん、勝手な考察をすると、風に呼ばれ…とか、爽やかな雰囲気に少し彼の好きな長渕剛とかピロウズとか、そういう要素を感じました。男の子のさわやかさというか、傷彦さんとはまた違う作風ですよね。男の子らしく甘あたたかい、みたいな。
前に彼の書いた悪魔のハイウェイとかとはまた違う、尖ってない、彼の人柄や優しさが滲み出た曲です。

あと、夜の汽車というフレーズ。車でも電車でも飛行機でもなく、汽車。多分日本人にとっては一番馴染みがない汽車というフレーズに、あぁ、想像してるんだな。と思いました。大切な人との光景を想っている。そしてそれが自分のファンだ、と彼は言います。その言葉に、このバンドの、彼のファンである自分は嬉しくなってしまうのです。


真面目ぶってますけど言いたいことはもうキャプテンズ最高ジャッキー最高!それだけ!


⑦なつがある〜original summer girl〜
作詞傷彦さん、ジャッキー 作曲 ジャッキー

言葉遊びがふんだんに盛り込まれた軽快な印象の曲です。

「波乗り ノリノリ 高気圧 ワイプアウトして 低気圧
誰よりも君は光ってる 君こそが僕の夏ガール」

「波乗りノリノリ テイクオフ おあつらえ向きの 低気圧
あこがれの君に近づきたい そのために 僕の夏がある」


これ歌ってて楽しそう!鼻歌をうたいたい!





…と、前編はここまでにしようと思います。
なぜならもう私が眠気の限界だから!

おやすみなさい!誤字はまた今度直します!

あと歌詞載せたりなんだり問題ありそうだったら消します!

うん!おやすみなさい!

運命盤をゲットしてから、まだ、聞いてもないのに運命が変わったような心地です。
そう、すごく幸せ。うん、名盤です。本当に名盤。

沢山の人にこんな作品が見つかってしまいますように。

だめだ本当にねむたいおやすみなさい。。