読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささくれになりたい

塚田くんのささくれになりたい塚田担、最近トラジャが気になる。懐古したり、妄想したりします。

実家の切り抜きからA.B.C.とA.B.C-Zを振り返る【2003~2006年編】

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。・・・って、ここ見てる人いるのか?いなくても、書いちゃえ。

 

さて、2016年ですが「河合ちゃんが憧れの松潤と共演」ではじまるすごい年明けになりましたね。

TLを見てると本人の感動っぷりのレポ、そしてファンのみなさんのコメントでお祭り騒ぎでした。

その時にふと、あぁA.B.C-Zデビューしてよかった、みんな辞めないでくれて本当によかったって思ったんです。

 

A.B.C-Zの最近の活躍を見ていて、デビューしたけど露出少ないのかな、とかそういうことを思う時もありました。私は先輩のステージのバックについてそれを支える彼らが好きなジュニア追っかけ体質だったのでデビューしたのを少し寂しく思う時もありました。

 

だけど、デビューしているのとしていないのでは違う。全然違うんだってことを、誰のデビューよりも彼らのデビューで思い知らされました。

彼らに「デビューはいいぞ」って教えてもらったような、そんな気がしています。

 

 

そのタイミングで偶然にも実家に帰ってきたので部屋のクローゼットの奥に隠された昔の雑誌や切り抜きを取り出し読んでみました。

ちょっと長くなっちゃうので、今回は2003~2006年のみんなの言葉たちをピックアップ。

(切り抜きをいただいただけのものも多いので年代がごっちゃごちゃになっていたらすみません。)

 

あぁ懐かしいななんて思うこともあり、全然変わんないじゃん!って思うところあり・・・

 

 

昔から笑顔はかわいいのにサッカーとイタリア、ラピュタが関わるとクレイジーな発言が増えるとっつー

寂しがり屋の末っ子発言の多い昔から髪型の変化が多い河合ちゃん

昔はまじめなしっかり者キャラだったのにある時からいじられだし、髪色の変化が一番多い気がするつかちゃん

外見が全然変わらない!中身もずっとクールに見えるけど実は優しく、かわいい五関くん

そして、A.B.Cに加入してくれた天然末っ子はっしー

 

そんな五人のことを切り抜きなど見返しながら振り返っていきたいと思います。

(雑誌での発言の引用などがありますので、まずそうだったら消しますすみません!)

 

そうですみんなにえびちゃんの可愛いところを広めたいから!!!です!!!

A.B.C-Zが好きな人もそうでない人も沢山まとめたらちょっと気になってみてくれるかなって魂胆です。

これを見た人はえびちゃんのこと好きになってしまえばいいし、えびが好きな人はもっと好きになっちゃえばいいって思ってます!!!!

 

お願いします!!!!!!!

 

 

2003年

いただいた切り抜きの中で2003年と思わしき記事を発見。メンバーが文化祭の話をしているのでピックアップさせていただきました。

 

「文化祭は中学の時なくて残念だったんだけど、今年高校ではじめて文化祭があるんだ。すごく楽しみ!オレ文化祭実行委員なんだよ(笑)」(河合)

文化祭実行委員の河合ちゃんって!!!どんだけ楽しみにしてたんだ!!そのあとクラブっぽいのやりたいけど暗いのがダメらしいからフリーマーケットやろうかな、とかいろいろ話してます。中学の卒業遠足で友達とご飯に行って、ノリでおごっちゃった、とも。

 

「オレは模擬店は出さない派だよ(笑)っていうかクラスではやろうって決まるんだけどいざ当日になるとオレはなにもやらないの。係にならないようにうまいことすり抜けて(笑)」(五関)

「The 五関」(笑)そのあと「そういえば河合が自分の学校の文化祭に来てって言ってるんだよね。どうしようかな(笑)」って相変わらずの河五っぷりを見せつけてくれています。

 

「中学では文化祭と音楽祭を一日ずつやったんだけど、中学3年のときの音楽祭ではクラスで合唱したよ。いや~、疲れたね(笑)」(戸塚)

学級委員の男の子の「家帰ったら腹筋しろ」ってスパルタ指導にそいついい奴だからってきちんとやったって話やその彼の家に電話してがんばろうぜって話をしたこと、結局本番1週間前にとっつーが高熱で倒れてぶっつけ本番になった思い出などが語られています。

 

「小学校の時、クラスで出し物をやるっていうのがあったよ。お化け屋敷をやって、オレは入り口で入ってきた人の顔にボンボンを落とす役だったんだけど、お化け役をやって驚く顔とかが見たかったな(笑)」(塚田)

そのあと他校の文化祭の話になり、友達に女子高の文化祭に誘われたことがあるよと話しています。「オレは仕事でいけなかったんだけど、友達が行ったら門のところで止められたって言ってた(笑)」だそうです。

 

みんな高校生なのね・・・としみじみする記事でした。

他の記事には英語でとっつーが赤点、数学で河合ちゃんが赤点をとる、など可愛いエピソードが残されています。

とっつーの英語赤点に対する「まぁオレはイタリア語のほうが大事だから関係ないけどね」 ってコメントも可愛い。

 

そして個人的に河五を見せつけられる言葉が多くて、

特に五関くんのこれがすごい。

 

 

「2003年を振り返ってみると…河合をいじり抜いた1年だったな、と(そこへ「俺のことがかわいくてしょうがないみたいなんですよ。俺がチワワに見えてるみたいで」と河合)ね、バカでしょ、コイツ(笑)

 

 

2004年

☆主な活動

SUMMARY

DREAM BOYS(滝沢くん主演)

SHOCK

V6のコンサートのバック

(絶対他にもたくさんあるのに思い出せない・・・)

あと、9月8日、はっしーが事務所に入所してくれています。

 

彼らの言葉(雑誌より)

「初めて歌番組でA.B.Cだけの楽屋を貰えた!「A.B.C様」って書かれていて感動して写真を撮ったよ」(河合)

河合ちゃんは、2005年は高3になるから学校の友達ともっと交流したい、おしゃれな友達と代官山に行きたい、とも発言しています。ドリボでタッキーとアドリブのやりとりをしてそれが楽しい、とも。もうこの時からタッキーとアドリブでやりあってるのすごいな、としみじみ思います。

 

高校生か・・・・・・・・・・・・・。

 

 

「(2005年の目標を聞かれ)2005年の俺は変わります!もっと自己主張をしていこうと思います!」(五関)

SUMMARYとV6のコンサートが同じ日にあって、体力的にハードだったこともお話ししてくれています。そういえばコンサートのはしごはオタクだけじゃなくてジュニアもやっているんだなぁとしみじみ・・・。あとジュニアのみんなでハワイに行ったことが最高の思い出って話してくれています。五関くんの口からそれが出てくると、なんだかとてもとてもかわいい。

 

「コンサートやってて、会場の後ろのほうのお客さんに手を振って盛り上がってもらえた瞬間とか、アクロバットが決まって拍手をもらったときすごく幸せだなぁと思う」(塚田)

この年は足を痛め、ケータイをトイレに落とし、財布を無くし、ドアに小指を挟んだらしいつかちゃん。あとは旅行がしたいって話もしています。家族旅行と修学旅行しかしたことないから、自分で企画して旅行をしたらオトナになった感じがしない?と。この時のつかちゃんに後輩のジュニアやみやっちと旅行に行ったりしてるよ!って伝えたらびっくりするかもしれない。

 

「18歳になりました!パチパチ・・・(中略)2005年はもっと仕事がしたい。ドラマに出演できる運を掴めたら最高だなー。欲を言えば大好きな堂本剛君の弟役でお願いします!」(戸塚)

2004年に自分が少しへこみやすいことに気付いたらしいとっつー。自分のミスを反省して夜が明けるとも発言しています。あと、この時に描いたドラマの夢、叶えてるよって叫びたい!それどころか映画も舞台も出てる。剛くんとの共演、いつか叶えばいいなぁ。

18歳か・・・・・・・・・・・・。

 

裸の少年でロケ中に遭遇したのはこの年?前の年?

 

2005年

☆主な活動

ヒラメ筋でのバレー対決に参加

ドリボ(関ジャニVSKAT-TUN)

少クラでの歌コーナー(Oh!やABC、No controlなど)

(他にもいろいろあった気がするのに失念・・・)

はっしーはこの年の春にmyojo初登場。山ちゃんと肩を組んで取材されています。

 

この年だったか、年に5日くらいしかないお休みの一日を使ってメンバーみんなでタッキーの誕生日プレゼント買いに行った話をしてたと思う。

A.B.Cとキスマイの仲良しエピソードが多かったというか、雑誌でもスポーツ対決とか対談とかが多かった気がする。

 

 

彼らの言葉

 

「はじまりの季節だよね、春は。実は今挑戦してみたいのが、ギター。エレキも買って、アンプも用意した。2月いっぱいまでやってた舞台の楽屋でも密かに練習してたんだけどね。まぁ完全に趣味でやるんで、もくもくと練習するだけ。弾きたい洋楽とかもあるんで、まずはそれを弾くのが目標かな」(戸塚)

とっつーとギターが出会ったらしい!!!!あと、個人的に「始まりの季節だよね、春は」って言葉のチョイスが好きです。

 

「(楽屋で藤ヶ谷の荷物いじってなかった?との戸塚の質問に)あーアレね。俺、パソコンを持参してるじゃん?せっかくだから藤ヶ谷の音楽プレーヤーに曲を入れてあげようと思って(戸塚:勝手に入れてるのかよ!)いいんだよそれで、「知らない間に曲が増えてる~」って藤ヶ谷喜んでたし(一同:ひゃははははははははは!!!!!!)」(河合)

いたずらっこふみきゅんと前髪の目立つ藤ヶ谷くんのお話。メンバーでの対談だったのですがその後も藤ヶ谷くんの話が止まらず「俺たち、藤ヶ谷の話しかしてないよ!」「ぶははははははははは!」と笑い続けるえびちゃんなのでした。可愛い。

あとはプレゾンでとっつーの声がナレーションに選ばれた話や、東山さんが180°の開脚しながら新聞読んで「よろしく!」と声をかけてきてびっくりした話をしています。

 

「(藤ヶ谷の「俺と五関くんはリハの終わりとかに一緒に帰ったりするよね。こないだもいっぱい歩いた後に公園寄っていっぱいカップル見たね。ね?」に対し)あぁ、あったね」(五関)

その後も「なんで五関くんはいつもそうやってもう終わったことだろ的なリアクションをとるわけ!?楽しかったねっていう話をしたいのに!!!!」と藤ヶ谷に詰められています。

 

「とっつーのキーワードは常に“突然”だから(笑)」(塚田)

とっつーが意味もなく誰かの写メをメールで送ってくるという発言に対するつかちゃんの言葉です。

この年はまじめキャラなつかちゃんだったり突然テンション上がってウソをつくつかちゃんだったりいろんな意味でブレブレで面白かったです。

 

「最近ジュニアになって、顔がちょっとかっこよくなってきた気がする…オーディションの時はもっとぺちゃんこだったもん(笑)」(橋本)

はっしーの入所してはじめての取材でのコメントです。キンキさんみたいになりたいってコメントしています。休みの日にはいつもサッカーの練習をしているとか、子供っぽい一面も。この時のはっしー、なんと小学6年生!!

 

 

2006年

☆主な活動

タッキー&翼コンサート(地方公演)

プレゾン

滝沢演舞城

KAT-TUNコンサート

ジャニーズジュニアの大冒険

ONE!

YOU達の音楽大運動会

kittyGYM結成(戸塚)

 

この年少クラがリニューアルして司会が小山くんと中丸くんになったよね。

とっつーが「うわさマン」ってジュニアのうわさを突き止めるコーナー持たせてもらったり、先輩のバックだけじゃなく、A.B.C.のみんなのキャラクターがどんどん表にでてきた一年だったなと思います。

あとはジュニアコンがとにかく多かった!beautiful→サマーサマーサマー→フィーバーとフューチャーって歌の流れがとにかく多かった!フィーバーとフューチャー歌っておけばいいとか思ってたでしょってくらい多かった。あとサンキュー。

 

あとこの音楽大運動会で外周走るリレーあったんだけどつかちゃんが最初だったかな?バク転して相当同じチームのメンバーから怒られていた気がする。

 

そしてなにより、A.B.C.に初のオリジナル曲「Freedom~溢れ出す想い~」が!!この年にはクレアク、孤独のランナウェイなど、今も歌われてる曲が発表されてます。(wikiより(笑))

この時よく来ていた黄色基調で紐がサイドについてた衣装大好きだったんだけど今も後輩に着てもらってるのかな。

当時つかちゃんは衣装の襟を立てることが多くて襟立て大好きな私は最高に幸せでした(どうでもいい話)

 

 

彼らの言葉

 

「コンサートでのうちわのリクエストは二階席でも遠視だから見えちゃう。腰振ってってリクエストに応えてると目の前のお客さんにどうしたの!?って顔されちゃうんだ(笑)」(河合)

「フォーやって」に応えてサンチェさんにお笑いコーナーじゃないんだぞって怒られたこともあったようです。あと、藤ヶ谷と生まれて初めて真剣に語り合ったとも話しています。「恋したいよなぁ」をテーマにこれやったら絶対女の子はぐっとくるだろって話を延々としていたようです。っていうか仲いいなこの二人!

 

「(ファッションについて)オレ、好きなものはとことん追求するタイプだから気に入ったものは頻繁に・・・どころか二日連続で着たりもするよ。手を抜いてるわけじゃないから誰に何を言われても気にしない。私服って言ってもオレにとっては社会の荒波に立ち向かっていく戦闘服なんだもん。」(戸塚)

戸塚節、きいてんなぁと思ってピックアップさせていただきました。

 

「滝沢君は舞台はみんなで作り上げるものって、僕なんかの意見も聞いてくれるんだよね。実際フライングの部分で僕の意見が採用されたりして。あの滝沢君に認めてもらった!ってめちゃめちゃうれしかったなぁ」(塚田)

自分の意見もどんどん発信していくようになってるんだなぁってしみじみしたのですが、もういろんなところで意見出したりしてたのかなぁこの頃…。

 

「春は好きな季節だったんだけど、3~4年前に花粉症になってしまって以来ちょっと微妙(笑)母親以外みんな花粉症だから甜茶とかカスピ海ヨーグルトとか、効きそうなものがあったら片っ端から試してるよ(笑)」(五関)

…いや、なんか、カスピ海ヨーグルト鼻ずびずび言わせながら食べる五関くんかわいいなって、思って…。

 

「4月に中学生になれたけど、やっぱり不安なこともあるよ。同じ小学校の人が一人もいないから仲いい人ができるか不安なんだ」(橋本)

はっしーの中学一年生らしい心配事なのでした。そのあとボクの中学での目標は人気者になることだから頑張るしかない!と意気込んでいました。

 

 

この時からはっしーとA.B.Cはちょこちょこ関わりがあって、うわさマンでとっつーとはっしーが腕相撲したりしてましたね。この時はまさかはっしーがA.B,Cに加入することになるなんて考えてた人いなかったんじゃないかな…いたのかな?

 

 

 

 

あと番外編で、スノーマンのなべちゃん(当時中学2年thぇい)

 

 

「最近、食生活が乱れてる!舞台の休憩中に食べてたのも全部インスタントものだもん。特にお気に入りは担々麺♪…でもさ、もともと朝ご飯を食べない人なのにお昼や間食がインスタントじゃ夕食がお母さんの手料理でも栄養足りてないよね?ボク、成長期なのに~(笑)」

 

かわいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

と、ここまで振り返ってみました。

 

雑誌をパラパラめくっていると、彼らの仕事に関する言葉が「舞台でセリフをもらった」「アクロバットが成功した」ってコメントから「自分で考えさせてもらうことが増えた」「役をもらった」と、明らかにステップアップしているのを感じて、なんだか嬉しくなりました。親かよ。

あとは話してることの内容がもう!少年のようだった!藤ヶ谷のくだりとか本当に!ここでまとめあげられないくらい面白い話が沢山あったから今度全世界中のえび担で雑誌を読みまくる会をしたいです。可愛かった。みんなオトナになったんだなって感じた。親かよ。

 

それと、本当に彼らがいろんな舞台に立ち続けていたこと、努力を重ねてきたこと、失敗や挫折を乗り越えて今があるんだなってしみじみ。

これからも沢山のことがあるんだと思う。メディアに出ていくって、今までやったことのないことを沢山やっていくってことなんだと思う。大変なこと、沢山あるんだと思う。

そんなA.B.C-Zをこれからもずっと応援していきたいなって改めて思いました。

 

えびちゃんの高校生の時のリアルなコメントもなんだかおもしろかったです。テストで赤点とっちゃうとか。文化祭の話とか。はっしーなんて小学校6年生で事務所に入って休日はサッカーしてるとか、かわいすぎる。かわいい。もうどうしたってかわいい。

 

そしてなべしょの「ボク、成長期なのに~」がかわいすぎてかわいすぎて仕方がない。

いままでthのことでネタにして本当にthいまthぇんでthぃた。

 

 

 

 

 

おわりまth。